バレーボール部(女子)
 
本校女子バレーボール部では、『県大会出場』を目標として、日々向上心を持って練習に励んでいます。また、所沢北高校の一員として誇りを持ち、地域や学校など皆に応援される部活動を目指して、勉学はもちろん、挨拶や奉仕活動など、さまざまな活動に対して真剣に取り組んでいます。
新入生が加わり、現在では3年生を主体とした新チームで活動しています。選手たちは真摯にバレーボールと向き合っており、これからの成長に大いに期待の持てるチームです。
選手は経験者はもちろん、高校からバレーボールを始めた選手もいます。“全員が上手になる”をモットーに、みな日々上達しており、立派な選手として練習試合や大会出場を果たしています。
まずは見学のみでも大歓迎です!少しでも興味を持ったら、ぜひ所沢北高校女子バレー部にいらしてください。勉強や部活動などを真剣に取り組みたい中学生の皆さんにはおすすめの部活動です。バレーボールをやって高校生活を充実させ、共に所沢北高校女子バレー部の歴史を築いていきましょう!

 

部員数 15名(3年2名、2年7名、1年6名)令和6年5月現在
活動時間 週5日程度
指導者

伊藤 弘樹(数学) 日本スポーツ協会公認バレーボールコーチ

梅林 秀明(理科)

【昨年度の大会成績】
4月:埼玉県高等学校バレーボール春季大会西部支部予選会出場
5月:学校総合体育大会兼全国高等学校総合体育大会男女バレーボール競技大会西部支部予選会出場
10月:全日本バレーボール高等学校選手権大会西部支部予選会出場
1月:埼玉県民総合スポーツ大会兼埼玉県高等学校バレーボール新人大会西部支部予選会出場

日誌

女子バレーボール部だより

【女子バレーボール部】令和6年度 高校総体西部支部予選会 結果報告

令和6年5月27日(月)、3年生にとって最後の大会であるインターハイ予選西部地区大会が所沢市民体育館で行われました。

私たち所沢北高校は1回戦で武蔵越生高校、2回戦で豊岡高校と対戦しました。

 

武蔵越生高校との試合では、全体を通してコート内の全員が積極的に声を出してボールを繋いだことで試合の流れを掴むことが出来ました。

1セット目は、サーブで相手を崩してチャンスボールを誘い、攻撃で点を取るという形が多く見られたセットでした。

特にレギュラー唯一の1年生カエのサービスエースにより連続して得点できたことも、1セット目を取ることが出来た大きな理由だったと思います。

2セット目は、ネット際のボールを落としてしまったり、相手のサーブを弾いてしまうなどのミスが続いてしまいました。

しかし、ピンチサーバーとして2年ノン、コト、ソラを起用して流れを変え、リベロ2年モモのAカットのおかげで攻撃に繋げることができました。

また会場が所沢北高校の隣だったこともあり、駆けつけて来てくださった先生方の応援で、2セット目も奪取することが出来ました。

1回戦は、私たち所沢北高校がストレートで白星を上げました。

 

2回戦、豊岡高校との試合。

この試合の勝者が県大会への切符を掴みます。

1セット目は序盤から2年生キイの連続サービスエースで得点を重ねていきました。

コースの打ち分けが得意な2年リンのスパイクが決定打となる場面も多かったです。

しかし、中盤になって相手エースの活躍で連続して得点を取られてしまいます。

そんな状況で、3年ユズのスパイクが相手の意表を突いて流れを変え、そのままの勢いでこのセットを取ることが出来ました。

2セット目は自分たちのミスが続いた試合でした。

5点以上の差がついてしまいましたがなんとか食らいつき、先にマッチポイントを取ることが出来ました。

しかし相手にデュースに持ち込まれ、ここから一進一退の攻防が続き、結果としてこのセットを落としてしまいます。

気持ちをリセットして迎えた3セット目。

このセットは2年レイのスパイクの緩急やサービスエースのおかげで先に20点台に乗り、相手との点差も大きく開くことが出来ました。

このまま勝利を掴むかと思いきや相手に2点差まで詰められてしまいます。

そんな中、3年ユズがテクニカルなスパイクを決めマッチポイントに。

そして、ユズのサーブが相手のミスに繋がり、フルセットの激闘の末、私たち所沢北高校が勝利を手にしました。

 

前回大会ではフルセットで負けてしまい、その悔しさをバネに練習を重ねたことがこのような結果に繋がり、本当に嬉しいです。

そして、応援に来てくださった先生方、保護者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

今私たちは3年ぶりの出場となる県大会に向けて、日々練習に励んでいます。

これからも所沢北高校女子バレーボール部をよろしくお願いします。

 

 

【女子バレーボール部】令和6年度 春季大会西部支部予選会 結果報告

令和6年4月20日(土)、春季大会が朝霞西高校にて行われました。私たち所沢北高等学校は狭山経済高等学校と対戦しました。

1セット目は互いに点を譲らず、互角の戦いでラリーが長いシーンが多く見られましたが、なんとか食らいついていくことが出来ました。相手のエースになるべく打たせないようにとチーム一丸となって狙うことが出来ていたため、攻撃で得点を重ねることが出来ました。結果として、1セット目を取ることが出来ました。

2セット目は1セット目とは反対にサーブカットが乱れてしまったり、3本目をなかなか決め切ることが出来ず、序盤から点差が開いてしまいました。なんとかして追いつきたいとサーブやスパイクで攻めましたが、相手のエースの攻撃になかなか対応しきれず、結果として自分たちのミスで落としてしまい、2セット目を取られてしまいました。

気持ちを切り替えて挑んだ勝負の3セット目でしたが、3本目のミスが続き、またしても序盤から点差が開いてしまいました。なんとか切りたいところでのサーブミスを含めた攻撃のミスが目立ったセットでした。また相手の攻撃が波に乗っていて、なかなか自分たちのペースに戻すことが出来ず、3セット目を取られてしまい、フルセットの上負けてしまいました。

今回は初戦敗退という結果に終わってしまいましたが、1月の新人戦から大きく成長することができたと実感出来る大会でした。 以前から課題になっていたサーブカットでは真ん中に上がることが多く、練習の成果が発揮できたと思います。一方で、決定打の少なさが課題に上がりました。 前後の揺さぶりや二段トスの攻撃、どんな場面でも攻撃することが出来れば、勝利が見えて来るのではないかと感じました。今回の大会で出た課題点を中心に、5月末に行われる高校総体に向けて準備していきたいと思います。

また、この大会を通して、保護者の皆様におかれましても、たくさんのご声援やご協力をいただき、ありがとうございました。引き続き、所沢北高校女子バレー部をよろしくお願いいたします。

【女子バレーボール部】令和5年度 新人大会西部支部予選会 結果報告

令和6年1月13日(土)、上記大会が坂戸高校にて行われました。本校女子バレー部は、ふじみ野・朝霞高校の合同チームとの対戦でした。

対戦相手のふじみ野・朝霞高校とは、日頃から頻繁に合同練習や練習試合をしていました。お互いに相手のことをよく知っている状態で、いかに狙いを突けるかが問われる試合だったと思います。

1セット目はラリーをすることはできていたものの、相手のカバー力や攻撃の決定力にはいまいち追いつけずにいました。点差が開き後半の12対20の局面で、ピンチサーバーとして1年生の曽田が入り、そのサーブ力とチームの粘り強さにより点差を3点差まで縮めることができました。この勢いのまま勝ち切ろうという気分が高まっていましたが、20対25で惜しくも敗れてしまいました。

2セット目では、1セット目と同様序盤での失点が目立ちました。ミスからの切り替えが難しかったのかもしれません。その後、雰囲気が変わって追いつきそうになっても追いつくところまではいけず、雰囲気の重要さが明確になったと思います。相手に崩され全力でスパイクを打つのは難しいとなった時、コースを狙う判断力も必要であると感じました。また、このセットでも後半では踏ん張ることができ、ピンチサーブからスパイクでの得点もすることができました。最後は17対25で敗れてしまいました。

試合の結果としては負けてしまい、ミスが目立つこともありましたが、選手たちは皆、力を最大限発揮できた良い、楽しい試合だったと感じることができました。それと共に、これからの試合に向けての改善点も改めて認識することもできました。この経験をしっかり活かせるように、チーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

また、この大会を通して、保護者の皆様におかれましても、たくさんのご声援やご協力をいただき、ありがとうございました。引き続き、所沢北高校女子バレー部をよろしくお願いいたします。

【女子バレーボール部】令和5年度 選手権大会西部支部予選会 結果報告

令和5年10月28日(土)、上記大会が所沢中央高校にて行われました。本校女子バレー部は、第8シードの秋草学園高校と対戦しました。

1セット目は秋草学園の早い展開からの攻撃に苦戦しました。私たちのディグのポジションが後ろ気味だったこともあり、鋭角のスパイクを拾うことができず、多くの失点に繋がってしまいました。また、スパイクが上がりトスまで繋げることができたのに、三本目をミスしてしまうという場面が多く見受けられました。今までも三本目を返すことは課題としていたので悔しいミスとなってしまい、次の大会に向けて改善すべき課題点であると再認識しました。

2セット目は相手の攻撃に慣れてきた部分もあり、相手の攻撃から自分たちの攻撃へとラリーにつなげていくことができました。しかし、決定打に欠けるところがあり、なかなか点数に繋がることができませんでした。このセットも秋草学園に軍配が上がり、秋草学園に惜しくも敗れてしまいました。

しかし、この選手権大会に向けて練習を重ねたサーブカットは、試合において成果が発揮されたと思います。ほとんどのボールがコート内に残るようになっただけではなく、セッターの所へ上げられることも多くありました。

今回は初戦敗退という結果に終わってしまいましたが、この夏の成長が実感できた大会となりました。

また、この大会を通して、保護者の皆様におかれましても、たくさんのご声援やご協力をいただき、ありがとうございました。引き続き、所沢北高校女子バレー部をよろしくお願いいたします。

【女子バレーボール部】令和5年度 部活動体験について

 部活動体験を以下の日程で行います。

 

日時:令和5年7月26日(水)

 

時間:9時〜12時(当日は8時45分までにお越しください。)

 

場所:所沢北高校体育館

 

持ち物:シューズ、飲み物、着替え、タオル等

 


申し込みは以下のURLからお願いします。

        ↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdWAgfiMsIr7LCBGkLQ8zXnm_rL-XLY1AIIDJ0zArlDu-Kh_g/viewform?usp=sf_link

 

※ 入力ができるように設定を直しました。(7月18日17時)