日誌

男子バドミントン部だより

男子バドミントン部 新人大会(団体戦)結果報告(決勝トーナメント)

団体戦 西部支部5位(2年連続) シード権獲得

 新人大会西部支部予選会(決勝トーナメント)が9月11日に所沢市民体育館で行われました。

 

 1回戦の和光国際高校戦では、ダブルスが終わったところで1-1、力関係で行くと、第一シングルスを落とすと敗戦濃厚のでした。しかし、その第一シングルスの大舘君がファイナルゲームまでもつれましたが何とか勝利し、その後の奥山君のシングルスも快勝で3-1で何とか勝利することができました。
 準々決勝の志木高戦は、当初から厳しい戦いが予想されました。案の上、ダブルスが2つとも取られました。しかし、そこからシングルス2つ取り、2-2で第三シングルを迎えましたが、力及ばず2-3で敗退し課題を多く残す結果となりました。

 順位決定戦の朝霞高校戦では、ダブルスを一つ落としましたが全体的には危なげない試合運びで、昨年と同様5位でこの大会を終了しました。

 奥山君以外は、高校からバドミントンを始めたのでまだまだ成長の余地があります。特に個人戦、団体戦を通して下尻君、山岸君、藤森君が精神的にも技術的にも大きく成長しました。

 また、今回はマネージャーとしてベンチ入りした前村君は、応援団長の様な位置づけでチームを盛り立ててくれました。その他の部員も、審判や本部運営で裏方としてチームに貢献してくれました。次の団体戦は2月、それまでにチーム力を上げて昨年の準優勝と同等の成績を残せるように練習をしていきたいと思います。

大会後、同じく5位の女子と(入場制限のため男子は選手と2年生の一部のみ)

男子バドミントン部 新人大会(団体戦)結果報告(予選)

予選1位通過(3年連続1位通過)

新人大会西部支部予選会単大戦初日(予選リーグ)が9月9日に所沢市民体育館で行われました。
以下の通り↓3勝0敗で1位通過しました(ベスト16確定)。

直前までダブルスのペアが決まらず、試行錯誤しながらこの大会を迎えました。特にダブルスは2ペアとも個人戦と異なるペアだったため、対戦校との力関係がわからず不安がありましたが、どのペアも1ゲームも落とすことなく、2日目の決勝トーナメント進出を決めることができました。

チーム所北 藤森・奥山ペア
山岸・下尻ペア 第一シングル 大舘君
大会本部運営といえば所北  

 

男子バドミントン部 奥山君 地区3位!(新人大会(個人戦)結果報告)

個人戦シングルス 奥山 直人君 第3位 県大会出場決定!

 新人大会西部支部予選会個人戦シングルスの最終日が8月21日に所沢市民体育館で行われました。
 この日勝ち残っていた奥山君は、初戦の所沢高戦以外の4試合はすべて川越東の選手でした。
準決勝では第1シードの選手に(17-21,21-16,17-21)と大接戦の末惜しくも敗れました。しかし、そのあとの3位決定戦では第2シードの選手に(21-18,21-17)と勝利し、第3位で今大会を終えました。
 もう一人ベスト32に残っていた大舘君は県大会決めの試合でファイナル 20-20 までもつれる試合でしたが、残念ながら1-2で敗れ県大会出場を逃しました。しかし、一昨日と同様、気持ちを前面に出す清々しいプレーで次大会につながる内容で今後に期待が持てます。

 

  

 

男子バドミントン部 新人大会(個人戦)結果報告

大会2日目

個人戦シングルス(奥山 直人君、大舘 泰誠君)まずはベスト32

 新人大会西部支部予選会個人戦シングルス、ベスト32決めまでが8月19日に所沢市民体育館で行われました。
 昨年度この大会でベスト16で今回の第4シードの奥山君は、全試合2-0で危なげない試合運びで勝利し最終日に残りました。
 また、ダブルスで奥山君とペアを組む大舘君は、最初の2試合は順調に勝ち上がりましたが、本日3試合目の所沢西戦ではファーストゲームを落としセカンドゲームも劣勢の展開でしたが、持ち前のガッツと気合で持てる力を出し切り最終的に2-1で勝利し最終日に残ることができました。

 初日のダブルスでは多くの選手が持っている力の半分も出すことができないような消化不良の試合でしたが、今日のシングルスでは、負けはしましたがそれぞれが力を出し切れていたように思います。奥山君以外はバドミントンを始めたのは高校からです。これからの努力と成長に期待します。

 

 

男子バドミントン部 新人大会(個人戦)結果報告

個人戦ダブルス(奥山・大舘組)第11位 県大会出場決定!

 新人大会西部支部予選会(個人戦ダブルス)が8月17日に所沢市民体育館で行われました。
 奥山・大舘ペアが県大会決めまでの3試合全てゲーム数2-0で勝利しベスト16に入り県大会出場を決めました。ベスト8決めでは最終的に4位になった川越東のペアに接戦の末敗れましたが、そのあとの順位戦では、新座柳瀬ペアに2-0で勝利し初日を終えました
。まだ、ダブルスとしての動きやスピードや守備力など課題も多く見つかり今後改善し県大会では一つでも上を目指したいと思います。

  

男子バドミントン部 西部支部新人大会(団体戦)準優勝

西部支部新人大会結果報告

男子団体A 準優勝!(初) 

 

 西部支部新人大会(男子団体A他)が2月7日、10日に所沢市民体育館で行われました。

 

 2複1単で行われる今大会は、安定して勝つことができるたダブルスが作れず、昨年の入間地区の団体戦からいろいろなペアを試行錯誤してきました。

 今大会では、多くの試合でエース奥山君をシングルスに回し、ダブルスのどちらかで1勝するというオーダーで1回戦から戦ってきました。

 決勝まで行くことができましたが、すべて2-1のスコア。勝った試合も、2回戦の川越西戦以外は、すべて2複ファイナルゲームまでもつれ、展開によっては1回戦敗退もあり得た内容でした。

 しかし、そんな中で、小山・岩本ペアが試合を重ねるごとに粘りと安定度が増し、特に2日目西武台戦のファイナルゲーム以降、良い流れをつかみ今後期待できるペアに成長してきました。また、エース奥山君も出場した全試合勝利とチームの核としてさらなる進化が期待できます。負けはしましたが、松井君、大舘君、川田君も元気のよいプレーができたので今後につながると期待しています。

 次回は当然優勝を目指しますが、まず、ベスト8入り県大会出場が最大目標、元気よく力強くかつ緻密なプレーができるように頑張って行こうと思います。

 

 

男子バドミントン部 入間地区大会(個人戦ダブルス)1部優勝(初)

1部 奥山・松井ペア 優勝

   小山・岩本ペア 3位

3部 川田・大舘ペア 3位

 

2月26日、27日に飯能市民体育館他で、行われた第21回入間地区大会(個人戦ダブルス)が行われました。


各学校の主力が揃う1部では、奥山・松井ペアが所沢中央のペアを下し優勝しました。(なおこの大会の1部で本校のペアが優勝するのは初めて)。また、小山・岩本ペアも、準決勝での同校対決で敗れはしましたが3位になりました。

順位決定トーナメント

しかし、決勝トーナメントではいつも以上の力を発揮した奥山・松井ペアでしたが、その前の2次予選ではミスが連続して1敗し、得失点差でギリギリ2位で通過するなど、次の大会までに修正すべき課題も多く見つかりました。また、3位になった小山・岩本ペアは、練習では勝てていた優勝ペアに1ゲーム先取された後、リズムが狂い1桁の点数であっさり負けてしまい、こちらも課題を多く残しました。(ただし、1次予選、2次予選とも全勝で通過。負けたのは同優勝ペアのみ)

 

高校から始めた1年生のみが出場できる3部(参加数80ペア)では、川田・大舘ペアが3位に入り健闘しました。
ただし、準決勝までは順調に大差で勝っていたので優勝の狙えるのではないかと思ったところ、準決勝で接戦になったとたんメンタルの弱さが露呈して勝てるはずの試合を落としてしましました。この失敗を糧として成長してくれたらと思います。

男子バドミントン部 入間地区大会(団体戦)優勝(2年連続)

11月4日に飯能高校体育館で、第41回入間地区大会(団体戦)が行われました。
各学校の主力メンバーがが揃う団体戦Aは、昨年に続き、優勝することができました。
しかし、4校リーグ(1ゲームマッチ)で行われた予選では、所沢西高校にストレート負け。決勝トーナメントでは1回戦以外2-1とギリギリの勝利でまだまだ多くの課題を残すことになりました。
2月の団体戦ベスト4入りを目指し、より質の高い練習をこなす必要があると痛感しました。

団体戦Aメンバー 2年:小山、松井、岩本  1年:奥山、川田

男子バドミントン部 新人大会(団体戦)結果報告

新人大会西部支部予選会結果報告

団体戦 西部支部5位 シード権獲得

 新人大会西部支部予選会(決勝トーナメント)が9月18日に所沢市民体育館で行われました。

 1回戦の和光国際高校戦では、第一ダブルスがファイナルゲームまでもつれましたが、ダブルス2つと、第2シングルを取り3-1で勝利することができました。
 準々決勝の川越高校戦では、どのゲームも接戦に持ち込むことができましたが、細かいミスがまだ多く最終的に1-3で敗退し課題を多く残す結果となりました。


 順位決定戦の朝霞高校戦では、今までは弱気(守り)のプレーから一転、攻めの試合をすることができ3-1で勝利しました。最初からこの勢いがあればと悔やまれますが、次回の大会に向けて良い形で大会を終えることができました。
 
 今回の大会では、エース奥山君(1年)がシングル/ダブルスとも全勝、部長の小山君もダブルス全勝と、2人の力に頼ることが多かったですが、奥山君を除き高校からバドミントンを始めた選手ばかりなので(内2名は1年生)、まだまだ成長の余地があります。次回ベスト4、来年4月の団体戦での県大会出場を目指し、力強くかつ緻密なプレーができるように頑張って行こうと思います。

男子バドミントン部 新人大会(団体戦)結果報告

予選1位通過

新人大会西部支部予選会単大戦初日(予選リーグ)が9月17日に所沢市民体育館で行われました。
以下の通り↓3勝0敗で1位通過しました(ベスト16確定)。

当初、硬さが見られ、最初の試合の豊岡戦では、勝たなければいけないダブルスを1つ落としてしまい厳しい展開が予想されました。しかし、敗戦を予想していた第一シングルスの大舘君(1年)が格上の選手に2-1で制し、チームに勢いがつき勝利することができました。