ブログ

所北トピックス2020(1学期~夏休み)

No.50 理数科課題研究

本日、理数科2年生は1日を使って課題研究に取り組んでいます。

物理・化学・生物・地学・数学に分かれ、数人からなる少人数のチームで課題に取り組みます。

テーマ及び仮説の設定、実験方法の決定、実験によるデータ収集、考察とまとめ、これらの全てを生徒自らが考えて主体的に研究を進めていきます。

今日は丸1日かけてじっくりと取り組みました。

No49.所北の夏休み

短かった夏休みですが、3年生は充実した時間を過ごしたようです。

夏休み最後の平日。学校では今日も補講や自習室での学習等、熱心に勉強に取り組んでいる生徒の姿がありました。

 

No48.所北の夏休み

短い夏休みが終わり、来週から2学期が始まります。

グラウンドでは、野球部が練習試合を行っていました。

No.47 夏休みの所北(勉強)

所北生ですから、もちろん勉強も頑張っています。

補講に参加したり、自習スペースで自習をしたり、先生に個別に質問したりする等、熱心に学習をしています。

No.46 夏休みの所北(部活動)

今年は、短い夏休み(8月1日~8月23日)ですが、生徒はそれぞれ充実した生活を送っています。

 

新型コロナ対策のため、様々な制約がありますが、できる限りの中で部活動に熱心に取り組む生徒の姿が本校では多数見られます。夏休み中に行われている県の独自大会でも多くの部活で成果を上げています。

また、夏休み期間中に中学生向けに部活動体験を実施し多数の中学生及び保護者の皆様が参加してくれました。

(全ての部活動を紹介しきれていません。悪しからずご了承ください。)

 

 

No.45 東京大学CoREF 実践学講座 に参加しました

8月8日(土)および9日(日)の二日にわたって東京大学 高大接続研究開発センター主催の実践学講座に参加し、ジグソー法によるアクティブラーニング活動に参加しました


テーマは「物理を学ぶ、物理を作る ~高校物理から宇宙研究の最前線へ~」


例年は本郷や駒場のキャンパスで実施していますが、今回は各学校などからテレビ会議システムを利用し、成果を発信したり講義を受けたりしました


活動の成果をポスターにまとめて疑問点などを確認した後、東京大学 国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構 初代機構長 村山斉教授の80分の講義及び質疑応答がありました


本校からは14名の1年生が参加し、発展し続けている最先端の宇宙物理の分野の研究内容や、研究者としてのmindset・日常の学習に向かう姿勢などについて知識や助言を得ました。

今回の所北からの参加者です。

協力して課題に取り組みます。

ZOOM経由でポスター発表。

東京大学村山教授の講義と質疑応答をZOOM経由で行いました。

 

No.44 3学年集会

終業式、卒業生による講演会の終了後、3学年は学年集会がありました。

こちらも、コンピュータネットワークを利用しての実施です。

テーマは進路についてです。

夏休みに向けての心構えの話から生徒はモティベーションを高めたと思います。

大学受験に係る様々な状況提供では、来る大学入試に関する最新の情報を得るとともに、「積極的に情報を採りに行く」ことの重要性もしっかり認識できたと思います。

所北では、計画的かつ系統的に生徒に最新の情報を分かりやすく提供しています。

 

 

No.43 卒業生による講演会

本校卒業生で現小学校教諭、今年度JICAの青年海外協力隊員として南アフリカ共和国に派遣されていた内山 亮(うちやま りょう)氏(2010年3月卒)による講演会が行われました。

「異文化理解について」「南アフリカについて」「派遣先である南アフリカの小学校での業務について」についてパワーポイント資料たくさんの写真を用いて分かりやすくお話いただきました。

後輩である現役北校生には

「百聞は一見に如かず⇒行動することの大切さ」

「異文化理解=違いを知る⇒世界が広がる」

「英語はツール」

「興味の先にキャリアがある」

といったメッセージがありました。

No42.終業式

1学期の終業式がありました。

密を避けるため、コンピュータネットワークを利用して行いました。

校長先生の講話、生徒指導主任の話がありました。

 

校長先生からは、夏休みにしかできないことに積極的に取り組むようお話がありました。

例えば1・2年生でしたら普段読むことのない文学作品をじっくり読んだり、

3年生は受験勉強に取り組む等です。

皆さんには目標をもって、充実した生活を送ってほしいと願っています。

 

筆者からのおすすめは、

目標、計画を極めて詳細に具体化すること。

行動記録をきわめて具体的にかつ克明にとることを勧めます。

特に、自分自身の行動の「見える化」によって、現状の課題と今後の指針が自ずから明らかになると思います。

No41.大掃除

毎学期末恒例の大掃除がありました。

    

No40.防災訓練

7月30日(木)に防災訓練が行われました。

全生徒が放送の指示に従って避難経路を確認しながら整然と行動していました。

  

 

1年生は煙体験、消火器の使い方実習がありました。

  

真っ白な写真は煙体験テントの中。視界が全く無くなります。

 

 

消火器の使い方。「1ピン、2ホース、3レバー」です。

 

今回も所沢消防署の隊員の方々の全面的な協力により実施しました。

この場をお借りして深く感謝申し上げます。

No.39.「知の協創 実践学講座」

今年度も、東京大学高大接続研究開発センターが主催する「体験型ワークショップ アクティブラーニング(ジグソー法)」に本校も加わって、専門家の講義及び専門家との交流の機会を生徒に提供します。

「物理を学ぶ 物理を作る」をテーマとし、最先端の宇宙研究と高校物理の連続性について考察していきます。 

日 時は8月8日(土)と9日(日)の2日間にわたって行います。

下の写真は昨年度の様子です。

No38.今年度も東京大学グローバルサイエンスに本校生徒が参加します

 2年生の女子1名の東大GSC受講が決定しました。このプログラムは2段階に別れており、第一段階の受講人数は全国で40名程度の予定でした。しかし多くの応募があり、はじめの数回を64人でスタートし、その後40名に絞るそうです。第二段階はさらに狭き門で15名程度選考されます。
 この取り組みの趣旨は東京大学や生産技術研究所で研究活動を行い、イノベーションを創出するグローバル科学技術人材を育成することです。
 本校生徒が研究したいテーマは生命科学系と人工知能AIについてのものだそうです。全国の高校生と切磋琢磨し、東大の先生方や研究者と交流を重ね完成度の高い研究になることを期待しています。


理数科部

No37.部活動再開

期末考査が終わり、部活動が再開しました。

新型コロナウイルス感染や熱中症の予防のために活動時間や活動内容等に細心の注意を払っており、様々な制約のもとでの活動ですが、

生徒は楽しそうに活動していました。

   

No36.留学体験報告会

放課後に、2学年を対象とした留学体験報告会がありました。

大学時代に1年間の海外留学を経験した本校の卒業生を招いての開催です。

実体験に基づく様々な話(高校生活、大学生活、大学受験、学部選択等等)をお聞きすることができました。

国際系学部への進学や留学を希望する生徒が熱心に聞き入っていました。

No35.3学年集会・小論文説明会

期末考査後、3学年では学年集会が行われました。

また、放課後には小論文説明会がありました。

今回もコンピュータネットワークを利用した集会です。

進路についての話等、確認も含めてありました。

共通テストまで半年ほど。

時間は十分あります。

焦ったり、不安に思うことはありません。

皆さんには充実した時間を日々積み重ねていくことを願っています。

結果は自ずとついてくると思います。

 

 

 

No34.修学旅行事前研修

本日期末考査が終了しました。

2学年では試験終了後に修学旅行事前研修がありました。

 

各クラス内にグループをいくつか作り、グループ毎に歴史、文化、平和等のテーマを決め動画を作成しました。

今日はクラス毎に皆で作ったその動画を視聴し、修学旅行で訪れる沖縄についての学びを深めました。

 

 

No.33 期末考査

7月13日(月)から16日(木)まで期末考査が行われています。

放課後等を利用して積極的に先生に質問している生徒の姿もたくさん見られます。

No.32 東大金曜講座

No.29でお知らせした、先週の東大金曜講座。

その時の様子を紹介します。


7月10日に「『福祉権』とは何か 格差社会アメリカを問う」 と題する土屋和代先生の講義がZOOMにより行われました。時宜を得た内容を興味深く拝聴しました。

本校では生物室でパブリックビューイングを行いいましたが、生徒、教員合わせて10名程の参加がありました。

No.31 遅刻防止指導

今週は、7月8日(水)、9日(木)、10日(金)の3日間にわたり、遅刻防止指導を行いました。

朝、校門で先生方が登校する生徒を出迎えます。

ギリギリの時間に来る生徒(本当にごく少数ですが)に対しては、余裕を持ってくるよう指導していました。

 

もっとも、所北生は始業前8時35分には教室に着席していいるよう指導しており、ましてや遅刻する生徒は皆無に近く、全ての生徒が時間をきちんと守って生活をしています。

 

ところで、登校時間帯は、通勤通学で多くの人が急いで通行します。

事故防止の観点からも、余裕を持った行動を心がけていきましよう。

No.30 ゾーニング

所北では、新型コロナウイルス感染防止のため様々な策をとっています。

今回は、廊下のゾーニングを紹介します。

廊下での進行方向を示すことで、人との接触場面をできるだけ減らすことで感染リスクを低めます。

 

No.29 東大金曜講座

東京大学教養学部主催「高校生と大学生のための金曜特別講座」
個人的にZoomでの受講に加えて、前回から校内で団体受講も行っています


6月26日のテーマは「くすりと社会」でした。東京大学先端技術研究センターの桝田祥子 准教授による講義は薬事法の話や新薬の特許権、新型コロナウイルス関連で抗ウイルス薬・レムデシビル(5月7日に特例承認)の作用機序などの話がありました。


7月10日は「福祉権」とは何か 格差社会アメリカを問う と題して土屋和代先生の講義です。受講の様子は次回報告します。

No28.LHR

 

本日は各学年LHR(ロングホームルーム)がありました。

 1年生はClassiに通常登校がはじまってから今日までの2週間の振り返りを、各自のスマホに入力する作業をしていました。
 2年生は進路に関しての指導でした。入試の基礎基本の説明がありました。

 3年生は大学入試に係る具体的な話をしていました。

   

No.27 理数科課題研究

理数科の2学年の特徴的取組に「課題研究」があります。

生徒は自分の希望で物理・科学・生物・地学・数学に分かれ、更に数人ずつのグループを作りテーマを見つけ、仮説を当て、実験をし、検証するという科学のプロセスを実体験しながら学びます。

今日はその初日です。

グループに分かれ今後のことについて話し合っていました。

    

No.26 授業の様子

通常登校が始まり、感染防止策のため様々な制約はありますがその中で工夫された授業が行われています。

プロジェクターを活用した分かりやすい授業は所北では当たり前の姿になっています。

1年生の情報の授業では、機器の基本的な使い方を学んでいました。

ICTの活用場面はこれから益々増えていくと思いますがその基礎をしっかりと身に着けてます。

No25.赤本拠出

毎年、古くなった赤本を希望者に拠出しており、昨日その大拠出会が行われました。

生徒が順番に一冊づつ選んで持ち帰っていました。

 

新しい赤本は進路資料室で閲覧できますが、古い赤本も志望校の出題傾向の研究には役立つと思います。

 

No.24 心臓検診

例年、年度初めに身体測定や様々な検診が行われています。

今年度は、通常登校が始まってから少しづつ行っています。

その中でも1年生の心臓検診はできる限り早期に実施したく、今秋実施しました。

 

No.23 「東大金曜講座」「理科大坊ちゃん講座」のご案内

今年も 東京大学 金曜講座 および東京理科大学 坊っちゃん講座を
Zoomで受けています


昨年までは駒場まで出向いて受講していた東京大学金曜講座と神楽坂まで受けに行っていた行った坊っちゃん講座ですが、現在はオンライン配信(Zoom)を利用して受講しています


金曜講座はこれまでに7回開講され、毎回質問している1年生もいます
前回(6月26日)からは学校(生物室)でタブレットを使っての受講も始めました


坊っちゃん講座は7月18日の土曜日から始まります


金曜講座は手続きを済ませた大学生と高校生のみが対象ですが
坊っちゃん講座は一般の方も受講できるようです


本校生徒には すでにclassiで告知してあります


以下 東京理科大学からの お知らせです

【第1回坊っちゃん講座(オンライン)】
日時:7月18日(土)14:00〜15:30
講師:理学部第二部物理学科 目黒多加志先生
    「光の不思議」
対象者:高校生、中学生、大学生、一般
参加費:無料募集人数:300名
申込みページ:https://www.tus.ac.jp/event/entry/pr/bocchan2020online/

No.22 部活動に入ろう

通常登校とともに部活動が再開し、廊下等には部活動の勧誘ポスターが貼ってあります。

  

 

放課後は、1年生が部活動を見学している姿がありました。

 

1年生の皆さん。是非部活動に入って、文武両道の充実した所北生活を送ってください。

 

No21.生徒総会

本日(26日(金))、生徒総会がありました。

新型コロナウイルス拡大防止対策のため、例年のように体育館に全校生徒が一堂に会することはできません。

コンピューター室と各HR教室とをネットワークでつないでの総会でした。

 

今年度は文化祭が中止になる等、いつものようには学校行事が実施できませんが、

総会最後に生徒会長から、「このような状況だからこそ全ての生徒で良い案を出し合い、想い出にのこる素晴らしい行事を作っていこう」という旨の力強いメッセージが届けられました。

No20.通常登校再開の1週間

6月22日(月)からの通常登校に、生徒たちは嬉しそうな表情で授業や部活動に取り組んでいました。

早めに登校した生徒は、自習スペースで学習に取り組み、通常補講も再開しました。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止への配慮のため様々な制約はあります。

完全に今まで通りとはいきませんが、生徒の充実活動が再開しました。

No.19 放課後の部活動

部活動も再開し、生徒たちは楽しそうに活動しています。

  

当面の間、活動日数や時間が制限されますが、放課後当たり前のように活動できることがいかにありがたいことか、と改めて思います。

 

休校期間中も各自でできるトレーニングは行ってきたとは思いますが、長いブランク明けです。けがの無いように徐々に慣らしていってください。

No.18 教育実習事前説明会

本日22日(月)の放課後に、教育実習事前説明会がありました。

 

教員志望の大学4年生の本校卒業生が9月中旬から3週間にわたり実習します。

 

実習はしばらく先ですが、事前準備をしっかり行い、充実した実習を経て立派な先生になってください。

 

No17.通常登校が始まりました。

本日6月22日(月)から待ちに待った通常登校の再開です。

全校生徒が登校し勉強する今年度初めての日でした。

 

職員室前の勉強スペースも普段通り熱心に勉強する生徒の姿がありました。

放課後の部活動も再開です。当面の間は週3日、1日1時間程度の活動量になりますが、生徒は部活動ができることの喜びを改めて感じている様子でした。

 

部活動の再開とともに、1年生は高校での部活動がスタートします。是非部活動に加入し文武両道の充実した高校生活を送っていってください。

 

No.16 国公立大学説明会

昨日と本日の2日間にわたって、3年生対象の国公立大学説明会がありました。

≪密を避けるために会場を分散しコンピュータネットワークを利用した説明会です。≫

コツコツと学習を重ねている所北生には、日本全国のたくさんの魅力的な大学が現実的な進路選択肢として存在しています。

本当にやりたいことを、思う存分やるためにも、視野を広げ、進路先を研究し、夢と目標をもって学習に励んでほしいと願っています。

 

生徒をやる気と夢と希望を与え、様々な情報を分かりやすく伝えてくれた説明会でした。

今回の説明会で、皆のモティベーションは更に高まったと思います。

準備をしてくださった先生方に深く感謝申し上げます。

No.15 ポジティブな言葉

昇降口入ってすぐの窓に、生徒会からのメッセージが張り出されていました。

 

 

不自由が強いられている昨今の状況ですが、この状況の中でどれだけポジティブに考え、行動できるか!?

生徒会からのメッセージに筆者もポジティブパワーを注入してもらった気がします。

No.14 分散登校の様子

冷房が効いており快適な環境です。

感染症対策から窓を開けて換気が十分に行われ、普段の半分の人数での授業で感染症予防にも十分配慮しています。

因みに、多くの授業でプロジェクターが活用されています。

 

始業前の職員室前の廊下では、先生に熱心に質問している生徒の姿がありました。

少しずつ日常が戻ってきています。

No.13分散登校の様子

新入生は特に本来年度当初に行っていた様々なことを行っています。

昨日は、体育着の販売がありました。

新品の所北の体育着を着て体育ができる日を楽しみにしてください。

No12.保健室前掲示

生徒の皆さん。

登校したら保健室前廊下の掲示を見てみてください。

No.11 分散登校の様子

今週の様子を紹介します。暑い日が続きますが、生徒は元気に登校しています。

今週はどの学年も課題テストを行っています。

 

長期休業中及び臨時休校中のに課されていた課題についてのテストです。

本トピックスでも度々お伝えしていますが、テストは「受けた後が極めて大切」です。

せっかくこれまでの期間一生懸命勉強してきました。

これまでの学習をより定着させ成果を上げるためにも必ず自己採点と復習、「解きなおし」をしましょう。

「受けっぱなし」ではもったいないですよ。

 

新入生に対しては様々な連絡事項があるため、LHRの時間が設定されています。

下の写真は図書館についての説明を行っているところです。校内コンピュータネットワークシステムを活用しています。

 

 

その他、例年では4月中に行うことを少しずつ行っています。

 

火曜日には全校生徒の個人写真撮影がありました。 

No10.東大、埼玉大、東京農工大主催の「高校生対象研究プログラム」の案内

本校では、東京大学、埼玉大学、東京農工大学等で毎年募集している、高校生対象とした研究プログラムに生徒を派遣してきました。

今年度も募集が始まります。

本校では説明会を開き生徒に対し積極的な参加を呼びかけています。

所北では、学校内外を問わず様々なステージを提供しています。

所北生は、様々なチャンスを捉え、「ステージ上がり」、「ステージ上げて」いって欲しいと願っています。

NO9.オンラインによる面談

本校では臨時休業中から分散登校期間中も、必要に応じてコンピュータネットワーク等を通じて生徒と個別面談等を行ってきました。

生徒諸君は悩み事等があったら一人で悩まず学校に連絡をしてください。

No7.感染防止策

本校では様々な対策をとっています。

 

その一部を紹介します。

 

標語とともに教室や昇降口に消毒液を設置しています。

保健室は入口を2つに分けています。

生徒は登校前に必ず検温してきますが、体調が悪くなった場合等には保健室にて検温できる体制をとっています。

No.6 学校再開(分散登校)

6月1日(月)午前・午後と2日(火)午前とで、学年毎の分散、更にクラスを2分割し放送による始業式及び各学年集会がありました。

始業式では、校長先生・生徒指導主任・養護教諭からお話がありました。

校長先生からは、

「自分自身のペースで焦らず着実に進んでいって欲しい。」

「悩みがあったら一人で悩まず先生に相談して欲しい。」

「皆で一緒にこの難局を乗り越えていこう。」

「登校の喜びを感じながら楽しい学校生活を送ろう。」

といった言葉が送られていました。

生徒指導主任及び養護教諭からは、生徒への励ましの言葉とともに、生活上の注意点についてお話がありました。

特に、養護教諭からは、全校生徒に配布したプリントを用いて感染防止に向けての注意点について丁寧な説明と協力依頼がありま した。

 

始業式後は、どの学年も学年集会がありました。

 

感染防止のため今、一つの教室にはクラス半分の人数のみとなるよう文際しています。

例えば、3学年では大学受験に関する重要な説明を 徹底するために、進路指導主事がコンピュータネットワークのシステムを利用して全クラスに対しわかりやすく説明していました。 

1年生では、同じく上記コンピュータネットワークシステムによる高校生活全般にわたる説明がありました。写真は生徒会からの説明を聞いているところです。

No5 2020年度 東京大学 グローバルサイエンスキャンパス(UTokyoGSC) 参加生徒(1・2年生)募集

2020年度 東京大学 
グローバルサイエンスキャンパス(UTokyoGSC)
参加生徒(1・2年生)募集


東京大学で研究活動したい1・2年生を募集します 昨年度も1名が参加しました
・毎月2回程度主に土曜日に開催される東京大学で行われる講座に参加
・受講料は無料(交通費は自己負担) 都内・駒場キャンパスなど
・全国で第一段階は40名程度 その後選抜されて第二段階は15名程度
・応募書類:願書 自己推薦文 レポート
・主な講義内容(昨年の例)
 統計、線形代数、微分方程式の基礎、教科・科目横断型学習(STEM型学習)
研究の手引き(英語によるセミナー)、研究倫理 
論文作成・プレゼンテーションのための基礎講座
※応募のためのレポートの書き方等は指導します
昨年度の成果発表会の様子
今年も東京大学「金曜特別講座」(Zoomで実施)や東京理科大学「坊ちゃん講座」に
参加する予定です 内容と日程が決まり次第連絡します

  

校内説明会 1年生 6月8日(月)15:50~生物室
      2年生 6月10日(水)12:40~生物

理数科部

No4.学校再開に向けた準備が進んでいます。

本校では、学校再開に向けて様々な準備を進めています。

 

≪飛沫防止シートフィルムを全ての教室に設置しています。≫

 

≪始業式は放送で、学年集会は各教室へ生中継の動画放送で行います。

先生方で最終動作確認を行っていました。≫

 

 

No3.準備登校2日目、3日目

準備登校2日目(27日)は1年生、3日目(28日)は3年生の準備登校がありました。

生徒たちは久しぶりの学校、久しぶりの友達との再会に嬉しそうでした。

 

臨時休業中の自宅学習でもしっかりと取組充実した日々を送っている所北生ですが、

やはり、学校で皆と一緒に勉強できることは素晴らしいことですね。

   

 

No.2 準備登校始まりました。

本日から3日間、学校再開に向けた「準備登校」が始まりました。

 

各学年1日ずつ設定し、本日は2学年、明日は1学年、明後日は3学年です。

午前と午後とで分散してHRを行います。

 

感染防止対策として、HR教室は使用せず、

体育館、格技場、視聴覚室のよに風通しがよく広い空間が取れる場所を会場と設置し、マスク着用、手洗いとアルコール消毒等対策を十分にとったうえで実施しました。

  

生徒たちは、久しぶりの学校、久しぶりの友達との再会に嬉しそうでした。

 

本格的な再開には少々時間がかかりますが、

所北生には、「今できること」「今しかできないこと」にしっかりと取り組み、

この機会だからこその成長を遂げることを期待しています。

No.1 遅ればせながら入学式の様子を紹介します。

学校再開に向けて、具体的に動き始めましたので、「所北トピックス」の連載を開始します。

1年間どうぞよろしくお願いします。

 

本校では、本日から3日間にわたり「準備登校」がはじまりました。

本日は2学年、明日は1学年、明後日は3年生です。

 

1学年は去る4月8日の入学式以来の登校となります。

是非、本校での学びが充実したものになるよう学校としても全力を尽くしてまいります。

 

本日は遅ればせながら入学式の様子を紹介します。。

  

学校の完全再開には、もう少々時間がかかりますが、

所北生の皆さんには、「今できること」「今しかできないこと」にしっかりと取り組んでください。

「ピンチをチャンスにかえて」成長した皆さんに会えることを楽しみにしています。