ブログ

所北トピックス2020(1学期~夏休み)

No.50 理数科課題研究

本日、理数科2年生は1日を使って課題研究に取り組んでいます。

物理・化学・生物・地学・数学に分かれ、数人からなる少人数のチームで課題に取り組みます。

テーマ及び仮説の設定、実験方法の決定、実験によるデータ収集、考察とまとめ、これらの全てを生徒自らが考えて主体的に研究を進めていきます。

今日は丸1日かけてじっくりと取り組みました。

No49.所北の夏休み

短かった夏休みですが、3年生は充実した時間を過ごしたようです。

夏休み最後の平日。学校では今日も補講や自習室での学習等、熱心に勉強に取り組んでいる生徒の姿がありました。

 

No48.所北の夏休み

短い夏休みが終わり、来週から2学期が始まります。

グラウンドでは、野球部が練習試合を行っていました。

No.47 夏休みの所北(勉強)

所北生ですから、もちろん勉強も頑張っています。

補講に参加したり、自習スペースで自習をしたり、先生に個別に質問したりする等、熱心に学習をしています。

No.46 夏休みの所北(部活動)

今年は、短い夏休み(8月1日~8月23日)ですが、生徒はそれぞれ充実した生活を送っています。

 

新型コロナ対策のため、様々な制約がありますが、できる限りの中で部活動に熱心に取り組む生徒の姿が本校では多数見られます。夏休み中に行われている県の独自大会でも多くの部活で成果を上げています。

また、夏休み期間中に中学生向けに部活動体験を実施し多数の中学生及び保護者の皆様が参加してくれました。

(全ての部活動を紹介しきれていません。悪しからずご了承ください。)

 

 

No.45 東京大学CoREF 実践学講座 に参加しました

8月8日(土)および9日(日)の二日にわたって東京大学 高大接続研究開発センター主催の実践学講座に参加し、ジグソー法によるアクティブラーニング活動に参加しました


テーマは「物理を学ぶ、物理を作る ~高校物理から宇宙研究の最前線へ~」


例年は本郷や駒場のキャンパスで実施していますが、今回は各学校などからテレビ会議システムを利用し、成果を発信したり講義を受けたりしました


活動の成果をポスターにまとめて疑問点などを確認した後、東京大学 国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構 初代機構長 村山斉教授の80分の講義及び質疑応答がありました


本校からは14名の1年生が参加し、発展し続けている最先端の宇宙物理の分野の研究内容や、研究者としてのmindset・日常の学習に向かう姿勢などについて知識や助言を得ました。

今回の所北からの参加者です。

協力して課題に取り組みます。

ZOOM経由でポスター発表。

東京大学村山教授の講義と質疑応答をZOOM経由で行いました。

 

No.44 3学年集会

終業式、卒業生による講演会の終了後、3学年は学年集会がありました。

こちらも、コンピュータネットワークを利用しての実施です。

テーマは進路についてです。

夏休みに向けての心構えの話から生徒はモティベーションを高めたと思います。

大学受験に係る様々な状況提供では、来る大学入試に関する最新の情報を得るとともに、「積極的に情報を採りに行く」ことの重要性もしっかり認識できたと思います。

所北では、計画的かつ系統的に生徒に最新の情報を分かりやすく提供しています。

 

 

No.43 卒業生による講演会

本校卒業生で現小学校教諭、今年度JICAの青年海外協力隊員として南アフリカ共和国に派遣されていた内山 亮(うちやま りょう)氏(2010年3月卒)による講演会が行われました。

「異文化理解について」「南アフリカについて」「派遣先である南アフリカの小学校での業務について」についてパワーポイント資料たくさんの写真を用いて分かりやすくお話いただきました。

後輩である現役北校生には

「百聞は一見に如かず⇒行動することの大切さ」

「異文化理解=違いを知る⇒世界が広がる」

「英語はツール」

「興味の先にキャリアがある」

といったメッセージがありました。

No42.終業式

1学期の終業式がありました。

密を避けるため、コンピュータネットワークを利用して行いました。

校長先生の講話、生徒指導主任の話がありました。

 

校長先生からは、夏休みにしかできないことに積極的に取り組むようお話がありました。

例えば1・2年生でしたら普段読むことのない文学作品をじっくり読んだり、

3年生は受験勉強に取り組む等です。

皆さんには目標をもって、充実した生活を送ってほしいと願っています。

 

筆者からのおすすめは、

目標、計画を極めて詳細に具体化すること。

行動記録をきわめて具体的にかつ克明にとることを勧めます。

特に、自分自身の行動の「見える化」によって、現状の課題と今後の指針が自ずから明らかになると思います。

No41.大掃除

毎学期末恒例の大掃除がありました。

    

No40.防災訓練

7月30日(木)に防災訓練が行われました。

全生徒が放送の指示に従って避難経路を確認しながら整然と行動していました。

  

 

1年生は煙体験、消火器の使い方実習がありました。

  

真っ白な写真は煙体験テントの中。視界が全く無くなります。

 

 

消火器の使い方。「1ピン、2ホース、3レバー」です。

 

今回も所沢消防署の隊員の方々の全面的な協力により実施しました。

この場をお借りして深く感謝申し上げます。

No.39.「知の協創 実践学講座」

今年度も、東京大学高大接続研究開発センターが主催する「体験型ワークショップ アクティブラーニング(ジグソー法)」に本校も加わって、専門家の講義及び専門家との交流の機会を生徒に提供します。

「物理を学ぶ 物理を作る」をテーマとし、最先端の宇宙研究と高校物理の連続性について考察していきます。 

日 時は8月8日(土)と9日(日)の2日間にわたって行います。

下の写真は昨年度の様子です。

No38.今年度も東京大学グローバルサイエンスに本校生徒が参加します

 2年生の女子1名の東大GSC受講が決定しました。このプログラムは2段階に別れており、第一段階の受講人数は全国で40名程度の予定でした。しかし多くの応募があり、はじめの数回を64人でスタートし、その後40名に絞るそうです。第二段階はさらに狭き門で15名程度選考されます。
 この取り組みの趣旨は東京大学や生産技術研究所で研究活動を行い、イノベーションを創出するグローバル科学技術人材を育成することです。
 本校生徒が研究したいテーマは生命科学系と人工知能AIについてのものだそうです。全国の高校生と切磋琢磨し、東大の先生方や研究者と交流を重ね完成度の高い研究になることを期待しています。


理数科部

No37.部活動再開

期末考査が終わり、部活動が再開しました。

新型コロナウイルス感染や熱中症の予防のために活動時間や活動内容等に細心の注意を払っており、様々な制約のもとでの活動ですが、

生徒は楽しそうに活動していました。

   

No36.留学体験報告会

放課後に、2学年を対象とした留学体験報告会がありました。

大学時代に1年間の海外留学を経験した本校の卒業生を招いての開催です。

実体験に基づく様々な話(高校生活、大学生活、大学受験、学部選択等等)をお聞きすることができました。

国際系学部への進学や留学を希望する生徒が熱心に聞き入っていました。

No35.3学年集会・小論文説明会

期末考査後、3学年では学年集会が行われました。

また、放課後には小論文説明会がありました。

今回もコンピュータネットワークを利用した集会です。

進路についての話等、確認も含めてありました。

共通テストまで半年ほど。

時間は十分あります。

焦ったり、不安に思うことはありません。

皆さんには充実した時間を日々積み重ねていくことを願っています。

結果は自ずとついてくると思います。

 

 

 

No34.修学旅行事前研修

本日期末考査が終了しました。

2学年では試験終了後に修学旅行事前研修がありました。

 

各クラス内にグループをいくつか作り、グループ毎に歴史、文化、平和等のテーマを決め動画を作成しました。

今日はクラス毎に皆で作ったその動画を視聴し、修学旅行で訪れる沖縄についての学びを深めました。

 

 

No.33 期末考査

7月13日(月)から16日(木)まで期末考査が行われています。

放課後等を利用して積極的に先生に質問している生徒の姿もたくさん見られます。

No.32 東大金曜講座

No.29でお知らせした、先週の東大金曜講座。

その時の様子を紹介します。


7月10日に「『福祉権』とは何か 格差社会アメリカを問う」 と題する土屋和代先生の講義がZOOMにより行われました。時宜を得た内容を興味深く拝聴しました。

本校では生物室でパブリックビューイングを行いいましたが、生徒、教員合わせて10名程の参加がありました。

No.31 遅刻防止指導

今週は、7月8日(水)、9日(木)、10日(金)の3日間にわたり、遅刻防止指導を行いました。

朝、校門で先生方が登校する生徒を出迎えます。

ギリギリの時間に来る生徒(本当にごく少数ですが)に対しては、余裕を持ってくるよう指導していました。

 

もっとも、所北生は始業前8時35分には教室に着席していいるよう指導しており、ましてや遅刻する生徒は皆無に近く、全ての生徒が時間をきちんと守って生活をしています。

 

ところで、登校時間帯は、通勤通学で多くの人が急いで通行します。

事故防止の観点からも、余裕を持った行動を心がけていきましよう。