ブログ

所北トピックス2023

No97 今年度が終了しました。

令和6年度3月22日に3学期の終業式がありました。

終業式のあとには、部活動の表彰や全国大会に出場するチアダンス部の壮行会、海外での研修に参加した生徒の成果発表がありました。

様々な場でそれぞれが力を発揮し、活躍できる生徒が多いことは素晴らしいことですね。

 

先日、14日には卒業証書授与式があり、3年生が所北を巣立ちました。

年度の移り変わりを実感する今日この頃です。

さて皆さん、今年度はどんな一年でしたでしょうか。

まもなく始まる新しい一年は、どんなに一年にしたいですか??

それぞれの想いを胸に、皆さん一人ひとりがそれぞれの舞台で活躍できることを願っています。

 

No96 学校評価懇話会が行われました。

令和6年3月12日(火)、学校評議員会の後に学校評価懇話会が開かれました。

出席者は、地元自治会長やまちづくりセンター長と東京大学生産技術研究所の大島教授を含む学校評議員4名、同窓会、PTA、後援会の代表者の方々4名、生徒会長や役員など生徒代表が4名、進路指導主任や生徒指導部長など教職員6名でした。

自己評価システムシートに沿って地域の方や学識経験者、生徒達から建設的で活発かつ率直な意見がだされました。

具体的には、今後の所北についての話題や昨年実施した50周年記念行事の振り返りがありました。

また、東大生研の開発した手法によるテーマ設定から始まった普通科の総合的な探究の時間の活動について大島先生から狙いや意図が説明されました。

実際に活動した生徒達からは戸惑った点や苦労した作業などについて生の声が聴かれました。

地域の方からは大人も子供も守るべき自転車のマナーなど意見が出され、多方面から生徒を取り巻く環境について話し合われました。

システムシートは学校関係者からの意見・要望・評価等の欄を記入して完成となります。

No95 日本森林学会大会に参加してきました。

令和6年3月10日(日)に東京農業大学世田谷キャンパスで研究者による口頭発表とポスターセッションがあり、生物部の生徒が参加しましました。

午後には高校生対象の大学ツアーが行われ、森林科学系の研究室内部に立ち入らせてもらいました。

今回は見学だけでしたが来年度は発表できたらいいですね。

No94 今年も「数学の魅力#10ー女子中高生のためにー」に参加しました。

令和6年3月10日(日)に東京大学駒場キャンパスの数理科学研究棟で開かれた講演会および交流会に参加してきました

東京大学 大学院数理科学研究科長のあいさつの後、3人の先生による講義を聴きました。

・互いに素な数の個数  東京大学 岩木耕平

・結び目理論とflatland 国立高専機構 清水理佳

・数学を使って挑むデータの理解 NTTネットワークシステム研究所 橋本悠香

交流会では6人ほどのグループになり大学院生などがモデレーターとなり、対面参加者同士で交流しました。

清水先生の講義では「コッホ曲線」の紹介があり、その曲線は接線がひけないそうです。

そして連続だけど微分不可能な曲線で次数は2次元でも3次元でもなく1.26185次元だそうです。

面白いですね。

橋本先生の講義では、先生ご自身は数学は何の役に立つのかと父親に聞かれ、見返してやろうと思って応用の分野に進んだそうです。

C*環(しーすたーかん)を用いた研究を行っているそうです。

科学の進歩は定性的から定量的へ

そして数値から演算や関数へ

さらに関数同士の相関や行列へと進歩するようですね。

No92 進路体験発表会が行われました。

今、まさに大学受験経験した3年生から、実体験を交えながら話を聞くことのできる進路体験発表会が行われました。

まず初めに1、2年生が体育館に集まり、全体会として教員がファシリテーターをしながら、3年生数名から大学受験全般に関する経験談を聞くことができました。

また、後半は分科会として、教室や特別教室に分かれて、大学の分野別にそれぞれ集まり、個別具体の経験談を聞きました。

勉強と息抜き、メリハリをつけることで継続できるようにしていた。

先生に勧められた参考書を何回も繰り返し取り組んだ。

面接練習は質問や模範回答などをノートにまとめるようにしていた。

勉強すること以外にも考えること、準備することがたくさんある。

部活を続けたことで、部活で出会った友人が大学受験を乗り越えるかけがえのない存在になった。

などなど、自分が知っている先輩であったり、同じ進路選択をし実現させた先輩などが語る言葉は刺激的であったことでしょう。

どの分科会でも3年生が熱心に話をし、また1、2年生からは質問が多数飛び交い、これから受験を迎える生徒にとっては、かなり内容の濃い実りある時間を過ごすことができたようです。