所北トピックス2019(2学期)

No179 東京大学駒場キャンパスⅠで金曜講座を受けてきました

東京大学駒場キャンパスⅠで金曜講座を受けてきました。
  12月6日(金)のテーマは「合同数について」、講師は三枝 洋一(東京大学 理学部 数学科・准教授)先生でした。

駒場キャンパス正門前 講義後に個人的に質問 背中が1年生

1・2年生は期末考査が終了しましたので、早めに正門前に集まって写真を撮りました。その後は生協の書籍部を覗いて専門書などを手に取ってみました。本に囲まれると自分の知らないことが無数にたくさんあると実感できます。深くて広い学問の世界は君たちを待っています。
整数論の三枝先生に「数学が苦手な生徒」に何かアドバイスかメッセージお願いしますと個人的にきいてみました。先生の答えは、数学は理解できなくてあたりまえ、どうしたら解るかを考えて、わかったときの喜びを噛みしめることが大事とのこと。目からウロコでした。そうか、分からないのがdefault valueつまり初期値であって、分かることが異常・知的飛躍なのです。「理解できることが当たり前(普通)で、その域に達しないのは怠けているからだ」という考え方は建設的ではない。わからないから面白いし続けられるのです。先生も国際会議などでは、半分も理解できないそうです。

次回の公開講座は理科大学坊ちゃん講座。 12月21日(土)「風を工学する タコマ橋事故から大型風車まで」講師の先生は理工学部 木村吉郎 先生。スマホでタコマ橋と検索して動画を見てください。巨大なつり橋が風で大きくたわんでいる様子が見られます。
開けて1月10日は、金曜講座 「東大版・心理学講座」講師は東京大学 教養学部 統合自然科学科・准教授 本吉 勇 先生です。講義概要は以下の通り。

………………………………………………………………
心理学は人間の心の仕組みを理解しようとする「自然科学」です.この講義では,東大の1,2年生向けの心理学概論のダイジェストとして,知覚,認識,記憶,意識,感情,思考,社会的認知といった基本的な心の機能に関する実験と理論を紹介します.人間や心理に対する皆さんの見方が変わるはずです.
……………………………………………………………… 

 

高等学校には「心理学」という教科・科目はありません。心理学は脳科学・医学的なアプローチから、カウンセリング的な手法まで幅の広い学問分野です。心理学を学びたい生徒も多数いると思います。予定しておいてください。