ブログ

No.75 自転車安全運転推進講習会

1年生は、自転車安全運転推進講習会を実施しました。

県教育委員会主催の自転車安全運転推進講習会に参加した生徒が講師となって、その内容を1年生に伝達講習するものです。

講師となった生徒は、スケアード・ストレイト講習による傘差し運転やスマホ運転の危険性を伝えたり、県内の自転車事故の状況を伝えたりしました。

令和2年度の県内高校生の自転車事故の発生件数は、536件とのことです。1日当たり1.5件の割合で起きていることになります。

自転車事故は、自分が怪我をする場合もあれば、誰かに怪我をさせてしまうこともあります。被害者にも加害者にもなってほしくはありません。

自転車に乗る時には、安全運転に十分に留意してもらいたいと思います。