ブログ

No.10 東京大学生産技術研究所のSTEAM型探究活動ワークショップ

7月20日の午後に、東京大学生産技術研究所 次世代育成オフィスの大島まり教授を招いて、STEAM型探究活動のワークショップを行いました。

STEAM教育とは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、芸術・リベラルアーツ(Art(s))、数学(Mathematics)の頭文字をとった用語で、分野横断的な学びを言います。

先行き不透明で変化の激しい社会において、教科・科目の学びを基盤にしながら、それらを統合し、実社会に関連付けて活用する力が求められています。

そういった力を生徒たちに身に付けてもらうため、東京大学生産技術研究所 次世代育成オフィスに御協力をいただいて、STEAM型探究活動のワークショップを実施しました。

今回は、理系文化部の生徒たちや理数科の生徒たちが、3人~5人のグループで、探究活動のテーマ決めのワークを行いました。

生徒たちは、意欲的に、活発にワークに取り組み、次回8月のワークも楽しみにしているようでした。

今後は、次世代育成オフィスと共同して、探究活動のテーマ決めに向けた手法の開発を行う予定です。