ブログ

No83 東京理科大学で細胞培養と微生物の実験に参加しました。

東京理科大学の神楽坂キャンパスで高校生と教員向けの実験講習講座がありました。

細胞培養は令和5年12月25日と27日、微生物の実験は12月26日と28日のそれぞれ2日間で実施されました。

細胞培養講習会では、ニワトリ胚の大胸筋から筋細胞を採取し、翌々日に倒立顕微鏡で観察し、スマホを使って簡易的に観察する方法の紹介がありました。

微生物培養講習会では、乳酸菌の生育をパラメーターとした「バイオアッセイ」を利用した殺菌効果を調べる実験がありました。

これは探究活動などに応用ができそうです。

この研修会にTAとして参加していた理科大生は本校の卒業生の2名でした。

2人とも2年生で大学でも数学体験館の学生スタッフとして参加したり運動部で活躍しているとのことです。

大学に入ることを目的とせずに、その大学の学部、学科、研究室で何を極めたいかが重要です。

いつも言っていますが、どこに入るかでは無く、そこで何をするか、を大切にしてください。

長い人生ですから、18歳でピークアウトしないように、その先に目標や目的を持ちましょう。