ブログ

No49 県立高校学際的な学び推進事業“地域創生研修”に参加しました。

8月23日(水)、県立高校学際的な学び推進事業の地域創生研修に、本校の生徒4人が参加しました。

この日、彼らは千葉県のいすみ市役所といすみ鉄道を訪れ、住みたい田舎ランキング1位常連のいすみ市の地域創生戦略について熱心に探求しました。

いすみ市の取組について、市の職員の方々から直接貴重な知識を得ることができました。

また、いすみ鉄道では実際に列車に乗車しながら社長の熱心なプレゼンテーションを聞く機会があり、地域の発展に向けた独自のアプローチや展望について深く学ぶことができました。

生徒の感想の中に「人口推移等のグラフに数学の知識が応用されており、自分の好きな数学が現実の社会でどれほど役立つのかということに感銘を受けた」という内容がありました。

学校の教育内容と現実社会との結びつきを、実際の体験を通じて生徒自身が気づく貴重な学びの場となりました。

これらの学際的な経験は、将来の社会で求められる力を養う上で不可欠なものであり、今後も生徒にこのような機会を提示し続けていきたいと思います。