日誌

2019年12月の記事一覧

男子バドミントン部 入間地区大会(個人戦ダブルス)1部優勝(初)

1部 奥山・松井ペア 優勝

   小山・岩本ペア 3位

3部 川田・大舘ペア 3位

 

2月26日、27日に飯能市民体育館他で、行われた第21回入間地区大会(個人戦ダブルス)が行われました。


各学校の主力が揃う1部では、奥山・松井ペアが所沢中央のペアを下し優勝しました。(なおこの大会の1部で本校のペアが優勝するのは初めて)。また、小山・岩本ペアも、準決勝での同校対決で敗れはしましたが3位になりました。

順位決定トーナメント

しかし、決勝トーナメントではいつも以上の力を発揮した奥山・松井ペアでしたが、その前の2次予選ではミスが連続して1敗し、得失点差でギリギリ2位で通過するなど、次の大会までに修正すべき課題も多く見つかりました。また、3位になった小山・岩本ペアは、練習では勝てていた優勝ペアに1ゲーム先取された後、リズムが狂い1桁の点数であっさり負けてしまい、こちらも課題を多く残しました。(ただし、1次予選、2次予選とも全勝で通過。負けたのは同優勝ペアのみ)

 

高校から始めた1年生のみが出場できる3部(参加数80ペア)では、川田・大舘ペアが3位に入り健闘しました。
ただし、準決勝までは順調に大差で勝っていたので優勝の狙えるのではないかと思ったところ、準決勝で接戦になったとたんメンタルの弱さが露呈して勝てるはずの試合を落としてしましました。この失敗を糧として成長してくれたらと思います。