日誌

2020年9月の記事一覧

男子バドミントン部 新人大会(団体戦)結果報告(決勝トーナメント)

団体戦 西部支部5位(2年連続) シード権獲得

 新人大会西部支部予選会(決勝トーナメント)が9月11日に所沢市民体育館で行われました。

 

 1回戦の和光国際高校戦では、ダブルスが終わったところで1-1、力関係で行くと、第一シングルスを落とすと敗戦濃厚のでした。しかし、その第一シングルスの大舘君がファイナルゲームまでもつれましたが何とか勝利し、その後の奥山君のシングルスも快勝で3-1で何とか勝利することができました。
 準々決勝の志木高戦は、当初から厳しい戦いが予想されました。案の上、ダブルスが2つとも取られました。しかし、そこからシングルス2つ取り、2-2で第三シングルを迎えましたが、力及ばず2-3で敗退し課題を多く残す結果となりました。

 順位決定戦の朝霞高校戦では、ダブルスを一つ落としましたが全体的には危なげない試合運びで、昨年と同様5位でこの大会を終了しました。

 奥山君以外は、高校からバドミントンを始めたのでまだまだ成長の余地があります。特に個人戦、団体戦を通して下尻君、山岸君、藤森君が精神的にも技術的にも大きく成長しました。

 また、今回はマネージャーとしてベンチ入りした前村君は、応援団長の様な位置づけでチームを盛り立ててくれました。その他の部員も、審判や本部運営で裏方としてチームに貢献してくれました。次の団体戦は2月、それまでにチーム力を上げて昨年の準優勝と同等の成績を残せるように練習をしていきたいと思います。

大会後、同じく5位の女子と(入場制限のため男子は選手と2年生の一部のみ)

男子バドミントン部 新人大会(団体戦)結果報告(予選)

予選1位通過(3年連続1位通過)

新人大会西部支部予選会単大戦初日(予選リーグ)が9月9日に所沢市民体育館で行われました。
以下の通り↓3勝0敗で1位通過しました(ベスト16確定)。

直前までダブルスのペアが決まらず、試行錯誤しながらこの大会を迎えました。特にダブルスは2ペアとも個人戦と異なるペアだったため、対戦校との力関係がわからず不安がありましたが、どのペアも1ゲームも落とすことなく、2日目の決勝トーナメント進出を決めることができました。

チーム所北 藤森・奥山ペア
山岸・下尻ペア 第一シングル 大舘君
大会本部運営といえば所北