ブログ

所北トピックス2020(3学期)

No.140 2月の所北その4 学年末考査

学年末考査が始まりました。

日頃の学習の成果を試す大切な時です。

点数に一喜一憂するのではなく、学習状況を把握して、その後の自学自習に活かすことを期待しています。

No.139 2月の所北その3 学年末考査前

2月は学校が最も忙しい時期で、あっという間に時間が過ぎて行ってします時期です。

県立高校入試があります。

校内では学年末考査が始まります。

学年末考査翌日の2月26日は高校入試当日ということもあり、皆で大掃除をしました。

 

No.138 2月の所北その2 理科(生物)の授業から

ニワトリの解剖実習を行っていました。

今回は、脳と心臓です。

特に心臓は食材としてスーパーマーケットで売っているものですが、

じっくりと観察すると、その精工な機能に気づかされます。

生命の尊さにも想い至るのではないでしょうか?

No.137 2月の所北その1 英語プレゼンテーション・英語スピーチコンテス

所北での授業ではアウトプットの機会を多く設けています。

2月に入って、2学年は英語によるプレゼンテーション、1学年は英語スピーチコンテストが行われました。

すべての生徒が取り組みますが、この日は、各クラスの中から代表に選ばれた生徒による発表が行われました。

また、司会進行から表彰まで、運営はHR委員の生徒が中心に行っていました。

 

 

所北生は何事にも積極的に挑戦しています。

 

No.136 SDGsワークショップ「気候変動から世界を守れ」

本日、1学年理数科を対象に、日本科学未来館によるSDGsワークショップ「気候変動から世界を守れ」を実施しました。

日本科学未来館にお伺いしてできればよかったのですが、日本科学未来館の科学コミュニケーターがリモートでファシリテーションをしてくださっての校内実施です。

内容は、生徒同士のディスカッションを中心にした構成で、1グループ4人程度で1か国を担当します。各班では国のリーダーの立場になって、気候変動に伴う危機から国を守るため、自国の利益も考慮しながら政策を決定したり、外交交渉をしたりするロールプレイングをしました。

この取組みにより、私たちが国際社会の一員であること。すべての国が様々ななつながりの中にあること。国際協力が不可欠であること。これらを実感したようです。

最後に、何よりも、生徒が楽しく取り組んでいたことが印象的でした。

No.135 自転車点検

先週末(1月29日(金))に自転車点検がありました。

自転車通学者を対象に整備状況や雨具の点検をしました。

本校生徒はルールやマナーの意義を理解しており、違反者はいません。

 

No.134 理科の実験

このコーナーでも何度も取り上げていますが、本校では理科の授業で実験をたくさん取り入れています。

緊急事態宣言が発出されているため、コロナウイルス感染拡大防止策をしっかりと取りながら生徒の学習機会を確保しています。

写真は生物の授業で細胞分裂の観察実験の様子です。

No.133 図書館企画展示

図書館では、図書委員会が中心となって隔月毎に企画展示をしています。

生徒の皆さん。図書館に是非足を運んでみてください。

本に囲まれている空間にいるだけで幸せな気分になれますよ。

図書館は、授業でも活用しています。

先日は、調べ学習の授業をしていました。

No.132 理数科課題研究発表会

本校理数科では、2学年の中心的な取組として課題研究があります。

自分たちで課題を設定し、仮説を立て実験により検証し、その結果をまとめ発表します。

どの班も研究結果を堂々と発表していました。

想定通りの研究結果が得られた班は少なかったかもしれません。

しかし、「想定通りでなかったのは何故か?」がしっかり分析できればそこからの学びも大きく立派な研究です。

この機会を契機に更なる学習意欲を高めてたようです。

発表は生徒同士で互いに聴きあいます。先生方も聴いてくださり事後指導をしてくださっていました。

因みに、画面では気づきにくいのですが、1年生も聴衆として加わっています。1年生も積極的に質疑応答にも参加していました。(密を避けるため会場参加とリモート参加のハイブリッド方式で行っていました。)

メニュー