ブログ

所北トピックス2021(3学期)

No.96 「所沢エキナカコンサート」~吹奏楽部の所北サウンドが所沢駅に響き渡る~

No.95でも取り上げましたが、1月10日(月)午後、所沢駅南改札内展望デッキ前の特設ステージにて、「所沢エキナカコンサート」が開催され、本校吹奏楽部が2回に渡って演奏を披露しました。駅構内のため、アンサンブルのコンサートでししたが、音が駅の空間に響きわたっていました。鑑賞できるスペースには、保護者やOB、生徒、先生のほかに、たくさんの駅利用客の皆様が足を止めて聴いてくださいました。特に、埼玉西武ライオンズの球団歌「地平を駆ける獅子を見た」、アニメ「ドラえもん(星野源さんの曲です)」の演奏では、皆さんの手拍子で場を盛り上げていただきました。おかげで、部員たちも楽しんで演奏できました。ありがとうございました。昨年のまちなかコンサートもそうですが、新型コロナウイルス感染症の影響で、演奏や発表の機会が多く失われてきました。厳しい状況をご理解いただき、このような素敵な場を設けてくださり、西武鉄道様、所沢市様、ありがとうございました。

この日もNHKから取材を受けました。インタビュー中、部長の山崎さんの「演奏できることが当たり前ではない、と昨年気づかされたので、これからも一つ一つの発表の場を大切にしながら楽しんで演奏していきたい」という言葉がとても印象に残りました。本当にそうだなと思いました。感染の急拡大により不安や心配な日々が続いていますが、吹奏楽部の演奏が皆様の気持ちを明るくさせることができたなら嬉しいです。なお、今月16日(日)まで、所沢駅南改札屋外デッキ前に吹奏楽部の生徒が制作した活動の様子を紹介したパネルが展示されています。また、事前収録された吹奏楽部の演奏も流れますので、ぜひ足をお運びください。                                                                                     

 所沢エキナカコンサートについて、1月13日(木)夕方NHK総合の首都圏ネットワーク「ちかさとコレクション」のコーナーで、コンサートの取組ととともに本校の吹奏楽部の練習風景や本番の様子が放送されました。ご覧いただけましたか?  お見逃しの方は、NHK NEWSWEB「首都圏WEB」をご覧ください。下記をクリックしてください。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20220113/1000075007.html

 

 

 

No.95 「所沢エキナカコンサート」出演の吹奏楽部がNHKの取材を受けました!

1月8日(土)、本校の吹奏楽部が、NHKの取材を受けました。1/10(月)に所沢駅改札内で行われる「所沢エキナカコンサート♪」に出演する関係で、取材を受けることとなりました。「所沢エキナカコンサート♪」は、西武鉄道と所沢市が共同で開催する事業。このコンサートは、新型コロナウイルス感染症の影響で発表の機会が減っている市内の高校生に発表の場を提供したいという思いから所沢駅が発案したもので、今回初めて企画されたものです。駅の構内での演奏会は全国でも珍しいとのことで、今回西武鉄道様を通じて取材の依頼があり、お受けした次第です。ここでは、学校内での練習の様子を取材していただいたときの風景の報告です。

カメラの取材が入るということで、いつもより硬くなっていたような部員たちでした。本番は大丈夫かな?

  

 

 

 

 

No.94 エンパワーメントプログラムに生徒が参加してきました。

昨年の12月26日(日)から3日間、本校生徒7名がエンパワーメントプログラムに参加してきました。(会場は所沢高校です。)所沢高校の生徒と合わせて30名ほどの生徒が参加しました。このプログラムは、日本の高校生向けにつくられた全て英語で行われるもので、生徒5~6名で構成された各グループに、日本に留学中の海外大学院生が一人ずつつき、グループでディスカッションしたり、グループごとにテーマを決めてプレゼンテーションします。英語が得意な生徒ばかりではなく、自信のない生徒もたくさん参加しています。3日間英語漬けで過ごすことに、どの生徒も皆、緊張と不安でいっぱいのようでした。このプログラムでは、とにかく英語を使ってコミュニケーションを図りながら自分の意見や考えを相手に伝えられるようになることが目的です。時間が経つにつれて、緊張もほぐれ、生徒の皆さんは積極的に意見を言い合えるようになっていました。最終日の最後には、一人ずつ英語で自分はどのように成長できたかや、将来の夢を自信をもってスピーチしていました。最後は、留学生や生徒同士で別れを惜しんでいました。皆さん、これをきっかけとして、自分の成長を感じていたでしょう。これで終わりではなく、これからの生活にぜひ生かしていってください。

 

 

 

 

 

 

 

No.93 ギター部冬のミニコンサートで身も心も温まりました。

冬休みに入ってすぐ12月24日(金)、ギター部の皆さんが日頃の練習成果を発表する「ミニコンサート」に招待してくれました。早速聴きに行ってきました。本校内の会議室での教職員限定プレミアムコンサート。全5曲を全部員で演奏してくれました。感情豊かなギターの音色は、迫力の中にも温かさを感じさせるもので、冬の寒さと日頃の忙しさを忘れさせてくれる贅沢なひと時を味わうことができました。再び感染拡大の不安や心配も出てきており、制約の多い中ですが、練習に励み、これからも人の心を動かす演奏を見せて、聴かせてくださいね。ありがとうございました。(報告が遅くなってごめんなさい。)私もギターを弾きたくなってきました。

曲目 1 クラッシックメドレー  2 Pirates of Caribbean  3 Tico Tico no Fuba  4 リベルタンゴ     

   5 The Road to Lisdoonvarna 

 

No.92 課題研究集中講座

12月24日(金)、1月6日(木)の2日間、理数科2年生が課題研究集中講座を行いました。

4月から課題研究を行っていましたが、1月27日(木)の課題研究発表会に向けての総仕上げの2日間になりました。実験データのまとめをしている班、実験を繰り返し行った班・・・最後までとても頑張っていました。

No.91 年末に理科大の神楽坂キャンパスで実験してきました

12月25日・26日に、東京理科大学理学研究科科学教育専攻が行っている実験教材の開発に、生徒11人とともに参加しました。

はじめに、数学者で特任副学長の秋山仁先生からお話がありました。

実験は、①空中落下細菌の補修と培養、②紫外線やうがい薬などによる大腸菌の殺菌効果の測定を行いました。

培養に37℃で24時間ほど時間がかかり、2日間にわたる実験となりました。

一般的に、高校での生徒実験は、綿密なマニュアルに従って授業時間内に終わらせます。そうしないと次の授業に支障が出てしまうからです。今回は、生徒が主体的に取り組めるように最小限のアドバイスの中で、考えさせながら進めました。生徒たちは、紫外線照射による殺菌効果を調べるには、どのような条件で何回実施して、対照実験をどのように設定し何と何を比べるかなど、考察しながら実験しました。

来年度からの新課程では、探究活動が重要視されます。課題発見能力や課題解決能力、プレゼンテーション能力の育成が求められます。

来年度も年末に実施する予定です。興味を持った生徒は頭に入れといてください。