ブログ

所北トピックス2022

No.28 慶応大学医学部GSC 実施報告

 10月1日に慶応大学医学部GSCの取り組みの一環で行われた慶 應大学とスタンフォード大学の生徒向けの講演会にオンラインで参 加しました。 今回のテーマは、Functional Genomics というもので、 生物のゲノムと表現型の間の関係を理解する ことを目的としたものです。慶応大学のGSCには6名の本校生徒 が参加しています。

 使用言語が英語で同時通訳無し事前資料の配布も無しという厳しい 条件でしたが、 およそ90分の間に研究者の話す英語のシャワーを浴び続けました 。生徒たちは改めてコミュニケーションツールとしての英語の重要 性を実感したようです。

 当日は土曜授業のなかった川越女子高校から2名の希望生徒も一緒 に受講しました。
 
 
 

No27 姉妹校・アッシュバートンカレッジとのオンライン交流

9月29日、英語・異文化理解の授業でニュージーランドにあるアッシュバートン・カレッジとオンライン交流を行いました。

オンライン交流では、始めに、本校の生徒たちが、日本における絶滅危惧種について、英語でプレゼンをしました。

絶滅危惧種を通して、気候変動問題や産業問題など様々な社会問題を説明しました。

その後は、好きな食べ物やアニメなど、楽しい雰囲気でフリートークです。

ここ数年は、コロナ禍の影響で現地に訪問できていません。来年は、ニュージーランドで直接の交流を行いたいですね。

No26.生徒会役員選挙

9月16日(金)、 今回は、第50期の節目となる生徒会役員を決める選挙でした。

視聴覚室から各教室への配信という形になりましたが、立候補者と推薦責任者の総勢12名の演説が行われました。

その後、選挙管理委員が中心となって各教室での投票になりました。

10月1日から今回選ばれたメンバーへと生徒会は代替わりします。

頼もしい1年生も入ってくれました。

書記、会計はいつでも募集しています。所北に対する熱い演説を聞いて一緒に活動したくなった人はぜひ来てください。

9月30日で交代する49期の役員は、残りの日もあとわずかになりましたが、今日も頑張って生徒会室で活動しています。

No.25 文化祭2日目

昨日、文化祭2日目を行い、第47回北高祭を終えました。

初日に引き続き、2日目も多くのお客様にご来場いただきました。

一般公開終了後に後夜祭も行い、生徒たちも文化祭をやりきって、達成感に満たされたように思います。

コロナ過での一般公開は心配なところも多くありましたが、一般公開だからこそ、得られたものも多くあったと思います。

今日は、一転、文化祭の片づけ後に、1・2年生は英語のテスト、3年生は大学入学共通テストの説明会。

文化祭の余韻も冷めやらぬうちに、第2学期が本格的にスタートです。

No.24 文化祭1日目

本日、第47回 北高祭1日目。

コロナ禍となってから、初めて、一般のお客様を迎えての文化祭です。

一般公開は、実に3年ぶりの実施です。

3年生にとっても初めての一般公開となり、スムーズにお客様を迎えられるか心配しながらのスタートでしたが、文化祭実行委員会・生徒会の入念の準備もあって、予定どおり、お客様を迎えることができました。

中学生、地域の方々、卒業生、保護者の方々、多くの皆様にご来場いただきました。お客様を迎えることができ、生徒たちも、ひときわ熱が入っていたように思います。

多くの皆様にステージ発表やクラスの催しをご覧いただいて、生徒たちは、これまでの準備の成果を存分に発揮できたのかなと思います。

ご来場いただき、ありがとうございました。

明日も、感染対策を徹底しながら2日目を楽しみましょう。

 

No.23 第2学期スタート

本日から、第2学期がスタートしました。

今週末に実施する文化祭や10月の修学旅行など、大きな行事が控える第2学期です。

また、3年生は、いよいよ進路決定に入っていく大事な時期でもあります。

一方で、新型コロナウイルス感染症の第7波が収まらない中、今回の始業式もリモートでの実施となりました。

始業式にあわせて、先日、関東大会の出場を決めた弓道部の壮行会も行われました。弓道部の関東大会出場は、十数年ぶりとのこと。

弓道部以外にも、この夏、さまざまな部活動などで、所北生の活躍がありました。

第2学期も所北生の活躍に期待ですね!

No.22 生物2年生の夏休みの宿題・DNAの紙細工

恒例の生物科の夏の宿題です。

このあと、DNAの二重らせんの逆並行の構造や転写・複製の学習をします。

黒板は平面ですから、立体構造を理解するには自分で作ってみないと理解が深まりません。

物質である塩基の配列が遺伝情報になっているなんて不思議ですね。

No.21 慶応大学医学部GSCキックオフミーティングに参加してきました

8月28日(土)に、慶応大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟(リサーチパーク)1階ラウンジで行われたキックオフミーティングに参加してきました。

GSCとは、グローバル・サイエンス・キャンパスのことで、それぞれの大学が、高校生の研究や科学オリンピックの準備などを指導してくれるも のです。

本校からは、今年度、東京大学(UtokyoGSC) と慶応大学に参加している生徒がいます。

そのほかにも、同様の取組である筑波大学(GFEST)で活動している生徒もいます

当日は、2人の先生による講演の後、参加者の自己紹介を行いました。また、慶応大学GSCの卒業生で大学生との交流なども行いました。

講義内容
①iPS細胞技術を利用した神経難病研究
東京慈恵会医科大学 総合医科学研究センター再生医療研究部教 岡野ジェーイムス洋尚 教授
パーキンソン病の疾患モデルをiPS細胞を用いて再現し創薬の開発につなげているそうです。

②ビッグデータで紐解くがんの本質 がんゲノム医療の科学的基盤
慶応大学医学部 血液内科 
国立がん研究センター研究所 分子腫瘍学分野 片岡圭亮 教授
これまでは肺がん、乳がん、大腸がんなどのがんの部位によって治療薬を選択していましたが、がん組織の細胞の遺伝子解析してどの遺伝子変異かで治療や鵜を選ぶ時代になりそうです。

集合写真の背景にある肖像画は創立者である福沢諭吉と初代の医学部長の北里柴三郎です。

向かって右端が医学部教授の井上浩義先生です。

No.20 理数科課題研究・夏の集中講座

8月26日(金)に、2年生理数科の生徒は、課題研究を終日行いました。

物理・化学・生物・数学の各分野に分かれて実施している課題研究ですが、生徒自らが設定した解決すべき課題について、実験の手法や探究手順などに取り組みました。

今後の主な日程は、
 9月28日 中間発表(ポスターセッション方式)
12月26日・1月6日 冬の集中講座
 2月 8日 課題研究発表会 となります。

No.19 東京大学生産技術研究所のSTEAM型探究活動ワークショップ3


8月23日(火)の午後、3回目となる東京大学生産技術研究所のSTEAM型探究活動ワークショップを行いました。

今回は、東大生研の先生方を招いて、探究活動のテーマ発表会を校内で行いました。

1年生の理数科の生徒や理系文化部の生徒が11の班に分かれて、スライドなどを使い、設定したテーマをプレゼンテーションしました。

これまで3時間のワークショップを2回行い、その後班ごとに話し合いを重ねて、本日の発表を迎えました。

ひと班の発表が5分、質疑応答が4分と設定されていましたが、質問が途切れることなく、建設的な受け答えが続きました。

生徒の関心は、地球温暖化・森林伐採・発電方法などの環境エネルギー問題や、自動運転やAI、外来生物や環境指標生物、関数曲線区間の長さを求める関数などなど、多岐にわたりました。

今後の活動が楽しみです。